SFAの基本的な知識

SFAとはセールス・フォース・オートメーションの略称であり、日本語に翻訳すると営業支援システムという意味合いです。企業における営業部門の業務を効率化するためのシステムであり、情報管理や業務プロセスを自動化することが主体です。営業活動を通して得られた情報や、必要な情報を全般的にデータ化して蓄積、さらに分析することができます。日本でSFAが注目されるようになったのは、国内における経済の不況が長引いたことと、それに伴って市場の停滞・縮小が起き、これまでは対応可能だった属人的な営業スタイルが通用しなくなったことが関係しています。

事業の拡大に貢献し、営業プロセスを最適化して業務を効率的に管理しつつこなしていくことが可能なSFAに注目が集まり、普及が加速していきました。SFAの主な機能として挙げられるのは、顧客情報を管理する機能です。顧客の氏名や所属企業といった基本的な情報から、担当者・役職や過去の商談履歴に至るまで一括で管理できます。これにより単純な情報の集積だけでなく、営業活動の進捗具合まで可視化できるというメリットがあります。

案件ごとに進捗状況や詳細な情報を管理する機能も、SFAにおいて重要なものと言えるでしょう。双方の担当者名はもちろん、商談の内容や進行具合に加えて受注見込み、売上金額などさまざまな情報を管理できます。他にも営業担当者の行動管理であったり、分析の確度を向上させる予実管理、日報・週報を管理する機能など効率化を図ることができる機能が満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です