SFAを導入するメリット

営業活動に対してSFAを導入することで得られるメリットの1つに、活動の可視化が挙げられます。各個人や部署内でしか共有されていなかった顧客の関わり方やプロセス、進捗状況などを一括で管理することで多くの社員が共有できます。部署を飛び越えて共有できることで、ブラックボックスとなっていた営業活動が透明化して企業の風通しが良くなるのが利点です。顧客情報や進捗など営業にまつわる直接的な情報はもちろん、売上予測や課題点のあぶり出し、データの分析や今後の見通しなど企業にとって有益なデータがたくさん得られるからです。

活動自体の効率化を図れるという点も、SFAの導入のメリットの1つと言えるでしょう。営業担当者は顧客先を回るだけでなく、連絡を取ったり書類を作成したり、日々の成果をまとめて報告したりとさまざまな業務を抱えています。たくさんの業務を自動化することによって担当者の負担を減らし、一人一人のパフォーマンスを向上させることが可能です。個別の担当者に能力が偏ることなく、スキルの平均化や底上げが期待できる点も魅力的です。

営業に関わる情報・成果を蓄積し、分析することによってそのノウハウを各社員に分配することができます。これまでのスタイルであれば営業の能力や情報は個別の担当者に集積され、退職したり異動したりすることで営業の資産が失われがちでした。しかしSFAを活用し蓄積されたデータから分析・抽出して、各個人への教育に活かすことによりその欠点を補い、部署や企業全体の成長を促すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です