SFAを使って営業活動を効率化するには

SFAは顧客情報のデータベースを構築するため、全ての営業スタッフが情報やノウハウを共有できます。一般的な企業では営業活動に関する情報を担当スタッフのみが保有しており、異動や退職などの際に上手く引き継がれないことがあります。営業に関する情報の引き継ぎが行われないと、商談の機会を失ってしまうので注意が必要です。SFAを導入すれば、新しい担当者も商談履歴を確認して効果的な営業活動が行えます。

このシステムは営業活動を可視化する機能があり、マネジメントの効率化に貢献します。意識して報告や連絡、相談などを行わなくてもオンライン上でリアルタイムに連絡を取り合うことができるので無駄な時間を省けます。企業は必ず営業目標を設定しますが、SFAを使えば達成状況を常に把握できます。営業担当のスタッフが残りの目標を確認したり、スタッフ同士が協力し合えるようになります。

営業活動を効率化したいのであれば、SFAを導入して顧客情報のデータベースを構築するとよいでしょう。社名や所在地の他に電話番号や担当者、役職や過去の商談履歴などを管理できます。詳細な顧客情報の管理によって、営業担当スタッフ同士の活動が重複したり不適切な対応をしたりするのを防げます。SFAには案件管理機能も備わっており、見込み客からの問い合わせを受注につなげるのに役立ちます。

このシステムを導入すれば営業先企業や担当者、提案する商品やサービスの他に商談の進捗状況などの情報をスタッフ同士で共有できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です