営業効率を大幅に向上させるSFAについて

SFAとはSalesForceAutomationのことで、日本では営業支援システムや営業の自動化などと呼ばれています。このシステムは企業が営業活動を効率化するために不可欠なものとされており、様々な機能があります。システムを導入すると営業スタッフが商談を開始してから受注に至るまでの進捗状況を可視化し、客観的に活動を管理できます。営業スタッフの業務には顧客リストや各種書面の作成、見込み客への情報発信や訪問商談など様々なものが存在します。

繰り返し業務や定型業務も少なくないため、SFAを導入して自動化すれば大幅に負担を減らすことができます。SFAの顧客管理機能を使えば社名や所在地、連絡先や担当者名などの顧客情報を一元的に管理することが可能です。問い合わせや取引履歴などの情報も社内で共有できるので、重複セールスや引き継ぎのミスなどを防げます。このシステムには案件の詳細情報を一元的に管理する機能も備えられています。

各案件の詳細情報を特定のスタッフだけが持っていると、不在のときに対応できなかったり営業活動が経験や勘に頼ったものになることがあります。案件管理機能を使えば進捗状況を可視化して組織全体で営業ノウハウを蓄積できるので、過去の商談履歴などの情報を分析し最適な方法で営業活動を行えます。SFAは見積書を素早く発行する機能も備えられています。顧客の購買意欲が高まっているタイミングを見逃さずに見積書を提示すれば成約率が高まります。

この機能を活用すれば商機をとらえて案件が競合他社に流れるのを防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です