SFAが持つ機能の種類

営業活動をサポートし、効率化を図るSFAには有用な機能がいくつか備わっています。SFAの導入を検討している方のために、代表的な機能を見ていきましょう。SFAに備わっている主要な機能の1つに、顧客管理が挙げられます。相手の名前や企業名はもちろん、担当している営業マンの名前・役職に加えて、過去の商談歴から名刺に至るまで多種多様な情報の管理が可能です。

顧客ごとに管理することにより、検索や共有が容易になります。案件ごとに情報が管理できる機能も便利で、多くのシステムに備わっている機能です。個別の案件ごとに情報をまとめることで、現在の進捗状況や過去のデータを瞬時に把握することが可能です。売上金額や見積もり、見込み具合など今後の方針を立てるための参照データにすることもできます。

個々の営業マンの営業活動を記録する、行動管理機能も非常に有用です。訪問回数や顧客のサービスへの関心などを数値化することで、営業の計画を立てやすくなります。属人化しやすい営業の業務情報を共有し、教育コストを削減するといったメリットも挙げられます。また営業活動に伴う日々の報告や、一週間の進捗・成果をまとめたレポートを管理する機能も便利です。

出先でもノートパソコンや携帯電話など各種端末より、定型化されたフォーマットへ入力するだけで報告可能です。作業の簡略化に加えて、部署内での各営業マンの行動把握にも最適となるなどメリットは図りしれません。SFAのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です