トイレの修理は、24時間365日年中無休対応が主流であり、不具合を感じたら可能な限り早く修理を依頼すべきです。

現在のトイレは、ウォシュレット便座を設置している場合がほとんどなので本体内部で水漏れが発生しているケースもあり、場合によってはショートによる故障や漏電・感電の危険性があります。トイレのトラブルは、キッチンや洗面所などの水漏れトラブルに比べて比較的早期に気付くことが多い反面、緊急性が低いことが多いので放置されることが多いトラブルです。また、最も簡単なパッキンの交換だけなら5、000円程度から対応してくれる修理業者もあり、放置やDIY修理を考えるよりも専門業者に可能な限り早く依頼した方が安全かつ安心です。

トイレは、ロータンクの内の部品の不具合による水漏れやオーバーフローなどのトラブルが最も多く、次いでつまりやウォシュレット便座の水漏れなどです。ロータンクは、栓であるロータンクバルブが劣化すると完全に水を止めることができずチョロチョロと水が流れることになり、次第に流れ続ける水量が増加してしまいます。ロータンク内には、オーバーフローを防止するオーバーフロー管がありますが、オーバーフロー管が劣化により詰まると排水できずにオーバーフローしてしまいます。しかし、基本的に劣化した部品を交換するだけなので比較的短時間で修理することが可能であり、耐用年数を迎える前に交換しておくほうが安心です。
トイレ修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *