SFAが企業にもたらすメリット

営業支援システムは営業活動をする企業の業務を効率化するためのツールで、人が行っていた事務作業をシステム上で自動で行ってくれたり、情報共有や過去のデータから傾向等を的確にデータして、効率化に役立てるなどできます。多くの従業員を管理する経営者や管理職にとっても、システム上で個々や組織全体での業務の動きを把握できるので、組織の管理がしやすくなります。またシステム上に業務の記録を残す事ができるので、後で記録を遡りたい時でも簡単に情報を得る事ができます。営業支援にも様々な領域があってターゲット顧客を絞り込むマーケティングの領域や、獲得した顧客との関係を深めていく領域などがあります。

SFAはそれらの領域の一つで営業活動を行う組織の効率化を進める領域です。営業マン個人が情報を自分だけで留めてしまうと、組織全体での共有ができずに組織として動いている強みを生かせません。それどころか同じ企業の営業マンとして活動しているのに、仕事の進捗や情報が共有されない事で同じ顧客に別の担当者が同じような提案を何度もしてしまったり、断っている案件を繰り返し勧めてしまったりと顧客の不利益になるような事態になりかねません。さらに組織化できないと業務の属人性が強くなるので、人事異動や人員の退職によって業務に支障が出やすいです。

このような事態を引き起こさない為の対策に役立つのがSFAで、SFAは営業活動を行う組織を作り上げて運営するのに便利なシステムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です