入力項目を絞るのがSFAを定着させるポイント

SFAは、営業活動の効率化を図れるとともに、属人化を防げるシステムですが、導入したものの現場に定着せずに失敗してしまうケースが少なくありません。導入に失敗する理由は様々ですが、よくある原因のひとつが現場作業の負担増加です。SFAは、顧客情報の管理を主体としたシステムなので、情報管理に役立つ機能が数多く搭載されています。また、このシステムではユーザー側で入力項目を設定できるので、運営側は将来的なことを考慮して、あれもこれもとデータを蓄積したがる傾向があります。

しかし、蓄積するデータ項目が多くなればなるほど、現場でのデータ入力の負担は増加するので、業務の効率化が図れるはずのSFAが逆に現場での作業負担の増大につながってしまうのです。また、導入当初から多くの機能を活用しようとした結果、業務プロセスが複雑化してしまうのも現場でSFAが浸透しない要因となります。このような事態を防ぐためには、システムへの入力項目を絞っておくことが大切です。顧客分析やKPIの分析、営業戦略の立案など本当に必要な項目のみ入力するようにして、将来的に役に立つかもしれない、多くの企業が採用しているからといった曖昧な基準で入力項目を増やすのは避けましょう。

SFAの導入に失敗しないためには、現場でのデータ入力の負担を軽減することが重要なので、導入当初は本当に必要な機能に絞って、現場にデータ入力に慣れてもらうことが大切です。SFAのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です