CRMを導入する上でのメリット

CRMを業務に組み込むメリットの1つに、営業担当の負担の軽減が挙げられます。営業担当は顧客との面会にまつわる業務だけでなく、進捗報告や日報の作成などさまざまな作業をこなさなくてはなりません。しかしCRMで一元管理することによって、営業担当が多くの諸作業から解放されます。加えて職歴が長くなるほど個別の得意先・顧客との付き合いが多くなり、属人化が進んでしまいます。

ツールを導入するのは、こういった属人化による対応漏れのミスや引き継ぎ時の労力を削減するメリットもあります。CRMによって顧客情報だけでなく、案件ごとの進捗や履歴も参照することにより担当者が不在の時や退職時にトラブルが起きにくくなるという訳です。部署内および他の部署との情報共有が容易になる点も、CRMのメリットです。導入前はメールや電話、チャットなどを用いて担当者から引き出さなければならなかった情報が、導入後はシステムにアクセスするだけで容易に入手できます。

共有のための手間が省ける上に、担当者が不在の場合でも対応できるのが嬉しいポイントです。マーケティング部門が情報を活用すれば、企業全体の収益アップのための施策を考案することもできるでしょう。顧客との関係を良好にして、満足度をアップできるのも利点の1つです。基本的な情報はもちろん、購入した商品やその日時・数量および担当者など綿密なデータを集積できます。

これらの情報を基に、顧客が求める的確なサービスを分析してPDCAサイクルを回すための大きな判断材料となることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です