CRMとその機能やメリットについて

CRMはCustomerRelationshipManagementの略語で、意味は顧客関係管理です。顧客の情報を収集し分析して最適なアプローチをおこない、自社製品やサービスの競争力を高める経営手段をいいます。基本的な機能は、まず情報管理機能です。顧客の氏名や年齢、性別などの情報や購入日等の購買履歴情報を管理する機能です。

次にメール配信機能で、顧客をセグメントに分けてメール配信をおこないます。さらに、個人の問い合わせの内容や履歴を可視化できる問い合わせ管理や、アンケートフォームの作成もCRMの基本的な機能です。このほか、各種セミナーやイベントを実施する際に申込フォームを作成したり、受講票の配信や来場者のリストを作成したりできるCRMシステムもあります。CRMを導入するメリットは、まず顧客の情報を可視化し部署間で共有することができることです。

顧客情報のすべてがわかりやすくグラフや表などにまとめることができ、欲しい情報を簡単に見ることができます。また、すべての情報が一元的に管理することが可能で各部署のアクセスを許された担当者が共有でき、部署間の連絡も効率的になります。次に既存顧客を優良顧客に変えることが可能になることも、メリットです。CRMでは顧客情報を分析して、ニーズを確かめることが可能です。

ニーズに合わせた製品やサービスの提供も可能になりますので、既存顧客をリピーターとなる優良顧客へ変えることができます。優良顧客を増やすことによって、ある程度まとまった利益を見積もることが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です