CRMの主な特徴とメリット

顧客との良い関係を維持や構築するために使うシステムをCRMと言い、近年注目されていて規模も拡大してます。まずメリットとして、かつては営業担当者が顧客情報を管理して担当者が把握している情報が社内には共有されてないことも多く、移動や退職などで引継ぎをするときにも手間や時間もかかりました。CRMなら全ての顧客情報も一元管理可能で対応漏れや引継ぎもスムーズに行えます。メールやチャットで共有していた情報も、システムにアクセスするだけで閲覧が可能で共有する手間もなく担当者がいない時のトラブルにも対応出来ます。

営業部門が利用したり、マーケティング部門が情報を使えば新しいサービスの発想も思いつきやすくなり広報の発信にも役立ちます。顧客の情報を決まった基準で整理して分析できるので、一人ずつのプロフィール・購買履歴にあわせて最適なサービスの提供も出来ます。顧客志向のビジネスでは、個々の顧客に最適な製品やサービスを提供し良い関係を構築して購買行動を維持することが目的です。CRMを使うことで満足度も上がって自社製品も継続して買ってくれお得意様になってくれます。

また、業務の効率化にも繋がり顧客との商談日程も自動で調整してくれ何回も電話での日程調整も不要、情報分析も自動なのでエクセルなどのツールを使う手間もかかりません。手間が減る分他の活動や作業に時間を使えるため業務自体が全体的に効率させられます。お客の情報は1人ずつの対応に利用出来るだけではなく、全体の傾向を分析すると新しいマーケティング戦略を立てるときに根拠になります。CRMのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です