CRMで顧客情報の透明性を確保

顧客情報は営業に任せている場合、ブラックボックス化してしまい有効活用できません。組織として使えない情報は、資源にならず担当者が辞めた場合、失われることになってしまいます。それではせっかくの顧客との接点が不安定なものとなってしまいます。そうならないためにCRMを使ってデータの透明性を高めます。

営業が蓄積したデータを組織で管理することで有効に活用します。営業にとっては、個人の負担を減らすというメリットがあります。属人かした組織では過剰なノルマを課すことや失注の責任を取らせるなどの問題が発生しやすい環境です。それは担当者が不都合な結果を隠蔽する原因にもなります。

最悪取り返しがつかないことになるケースも考えられます。CRMでは顧客との接点を出来るだけ詳細に入力して、情報の分析を行います。良い結果つながる特徴を見つけ出し水平展開します。失敗に繋がったケースの原因を確認して、組織として対応します。

個人に責任をかけないことで情報を共有するメリットを見出します。CRMが定着した組織では、個別の顧客にかける時間を最短にすることが可能で、営業の時間を有効に使うことができます。今までなかなか時間が割けなかった新規顧客へのアプローチもできるようになるので、売上のアップが期待できるでしょう。情報は多い方が有効となり、ブラックボックス化しないことがこれからのビジネスには求められます。

透明性を維持することで、組織としての営業力を向上させることが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です