業務の効率化に必要なCRMとは?

CRMとは、顧客関係マネジメントシステムです。接客はビジネスにおいて最も重要な要素で、従来は営業担当個人に任されていました。ノルマを課して、売上を競争させることで、収益を増やしていくやり方でも問題になることはありません。でも効率化となると話は別で、無駄が多い状況と言えます。

個人任せということは、組織として管理している状態ではなく、退職などによって営業力が一気に下がる恐れもあります。業務の効率化に欠かせないCRMとは、そのような属人的な状況から、組織としての管理に切り替えるために使われるツールです。顧客情報の蓄積や案件の進捗管理、分析などを行って、営業活動を組織全体で共有して見えるようにします。現状で問題となっている部分を明確にして対応したり、売り上げが上がってきている商品にリソースを割くようなコントロールができるようになります。

理想的なCRMとは、組織の目標にあった機能が利用できるものです。情報の蓄積はデータベースがあれば問題ありません。そこから進捗に合わせてステータスを表示したり、結果に至る原因を究明できることが重要です。特に停滞している進捗のアラートは、せっかくうまくいく条件が整っているのにも関わらず、逃してしまうような案件を維持することができます。

連絡のとるタイミングでアラートを鳴らしたり、直接メールするような機能もあります。過度な機能は必要ありませんが、最低限知りたい情報が見られる分析機能は確認した方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です