顧客満足度の向上に役立つCRMとは

CRMとは顧客満足度を向上させて良好な関係を築くための施策やツールのことで、正式名称はCustomerRelationshipManagementです。広い意味では顧客との良好な関係を構築・維持することを指しており、様々な情報を集約して適切な対応を行います。狭い意味では顧客管理を行うツールを指し、適切な対応を行うのに役立つ様々な情報管理機能があります。このツールは顧客から情報を得て整理・分析するために使われており、企業の意思決定に役立ちます。

ツールから得られた情報に基づいて企業は営業戦略を立て、セミナーやイベントなどを実施することでさらに多くの情報を得ることができます。CRMとは顧客に関する様々な情報を収集・管理して良好な関係を築くためのツールで、導入すると営業効率が高まります。このツールには顧客単位で情報管理を行う機能があり、氏名や性別など基本情報の他に購買履歴や購買実績を商品別に管理することも可能です。顧客情報を一元的に扱えば、問い合わせの管理にかかるコストや情報漏洩のリスクを削減できます。

またメール配信機能と連動させると、販促活動やマーケティング分析などにも情報を活用できるようになります。CRMとはたんに顧客情報を管理するツールではなくメール配信機能の他にアンケートやセミナー、イベントなどを実施する機能も備えています。メール配信機能では顧客を属性ごとに分類して配信したり、開封率を可視化することが可能です。この機能を使えば配信に適切な時間帯や件名、文章量などを比較できるようになります。

CRMの様々な機能を使えば営業活動を効率化し売上の増加につなげることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です