CRMとは何を略したのか

タイトルにあります、CRMとは日本語で申し上げますと「顧客関係管理」のことを意味します。英語のCustomer・Relationship・Managementの頭文字を取って略しているのです。CRMとは顧客が相手の企業では必ず必要な作業となりますので、さまざまな企業での導入が行われています。例えばCRMとはどのような現場で活用されているかとなりますと、マーケティングを行う部署ではハウスカードにポイント還元機能がついているものを利用しているのでしたら会員の管理と共にポイントも同時に集約しなければなりませんので、その顧客関係をつなぐために使われていることが主となります。

この機能を使って顧客の年齢層・ニーズ・どのような順番で買い物を行っているかなども分かりますし、リピーターを継続して確保するための戦略や新規顧客を集めるためのアイデアなどが数字として見ることが可能です。また今までは人の手で、1つ1つ作業していたことが導入することで業務を自動化し必要な職務に集中することも出来るようになることもメリットにもなります。営業として、お得意先の各企業を回っていると仮定いたしますと記憶することにも限度がありますので顧客情報が必要となってまいります。CRMとはカスタマイズすることもでき設定次第で自動で案件の整理まで支援してくれていますので、必要な情報を即座に呼び出し業務の時間短縮だけでなく顧客に対しても無駄な時間を取らせず集中して商談を進められます。

企業にとっても残業代の節約にもなりますし、何よりも働く方々の負担が軽くなることで健康やストレスの軽減につながることが一番の導入の効果だと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です