建物のオーナーとなればさまざまな責任が発生しますが、そのひとつには故障や破損があった場合のメンテナンスも挙げられます。これは普段から生活のために使っているマイホームであっても、また週末や特定の季節だけ使うことになる別荘の場合にも変わらないことであり、賃貸アパートなどで生活するのとは大きく異なるところといえます。最近であれば全国各地にあるホームセンターやデパートなどでも日曜大工に関連したさまざまなグッズや資材を販売していることが多くなっていますので、こういったところでプロ仕様の製品を買い出しして、自前で修理をしてみるのもよいでしょう。もちろん修理とはいっても程度によって難易度は異なり、水漏れなどは物理的に水をせき止めてから施工する必要があるほか、失敗して水漏れがおさまらなかった場合のダメージも計り知れませんので、難易度としては高めになります。

水漏れの修理では原因をつきとめてその原因に合った対応をすることが不可欠といえますが、とりわけ多いパッキンの劣化であれば、製品に適合するパッキンを新しく購入して、蛇口や継ぎ目などをレンチを使って外し、もとのパッキンを新しいものに交換すれば完了です。また途中の配管が異物や汚れで詰まってしまったことが原因であれば、顆粒状のパイプクリーナーで少しずつ詰まりをとったり、長い針金を差し込んで物理的に詰まりを除去するなどの対策があります。ただし配管を傷つけてしまうことがあるため、場合によっては高圧洗浄機などを用いて水で押し流すのもよいでしょう。水漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *