トイレの寿命は約10年といわれています。10年ほどで、水漏れや不具合が出てくることがあります。便器自体の寿命は長いですが、ウォシュレットなどの機能やタンクの故障が発生する場合がほとんどです。なんとなく不具合が起こっていたり、少しの水漏れを放置していると、ある日突然トイレが使用できなくなってしまった、ということがあります。

その場合、急いで修理業者に来てもらい、その場で修理や交換などを決めていくため高くついてしまった、ということがあります。昔のトイレと比べると、最近のトイレは節水効果も高く、トイレリフォームすることでリフォーム代がかかっても、結果的には水道代が節約できたことで安くつく、ということはよくあります。またトイレリフォームは、安く設定している業者を選ぶことでコストを抑えることができます。トイレの不具合が発生した時、まずは修理を考える方がほとんどですが、修理には修理費用に加え、部品代や出張費用なども加算され、高くつく場合があります。

そのため、新しい節水効果のあるトイレに交換することは、古いトイレを修理して使い続けるよりも日々の水道代の節約につながります。また、最近のトイレは掃除もしやすく、タンクレストイレにするとトイレの空間がすっきりとします。トイレ交換はトイレリフォームのきっかけとなり、内装もかえればイメージをかえることができます。トイレにはシャワートイレ一体型や様々な組み合わせも用意されており、今まで不便だと思っていた部分を改善することができるきっかけになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *