トイレリフォームしたくなることがあります。例えば設備が老朽化して取り替えたいという要望のほかにも、年をとってきてトイレの座っている位置から腰を上げるのに手すりが欲しいといったことまであります。その際に気をつけないといけないことがいくつかあります。例えば最近のトイレでは、洗浄器つきの便座にしたいという要望が増えています。

その際にはトイレリフォームの際に電源を余分に設ける必要があります。それから便器を変えたい場合の注意点です。便器は排水口の位置が決まっています。そうしないと便器の構造上、水が勢いよく流れません。

便器を取り外した後はその排水口を使うならば、新しい便器はそれに合う規格の便器にしないとなりません。それをよく確かめておく必要があります。さらにこれからトイレリフォームする場合にはトイレ用の電灯はLED照明とします。また循環器系などに疾患をお持ちの方にとって、夜の寒いトイレは心配です。

そこでトイレを使用する際に使える暖房器具が欲しい場合もあります。その場合には電源を増やす工事をしないとなりません。それから洗浄器つき便座にする場合には、取り付けることのできる便器の規格が細かく決まっています。したがってよく型番を照合して、間違いのないようにする必要があります。

最近は超節水型の水洗トイレの便器が製品となっています。このタイプは水の流れの強さなどは維持したまま貯水槽も小さく場所をとりません。また、手入れのしやすい形状の便器もあります。抗菌作用を持たせた便器や洗浄器などもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *