お台所やお風呂場など、家の水回りには様々な蛇口が設置されているはずです。蛇口の一般的な耐用年数は約10年と言われており、その期間を過ぎると色々なトラブルが出始めます。特にお台所やお風呂場といった日常生活で利用頻度の高い設備では、通常の耐用年数よりも早い時点で、水漏れといったトラブルに直面するケースがよくあります。ハンドルレバーを閉めてもポタポタと水が滴り落ちる、水栓の台座からチョロチョロと水が流れ出るなど、こんな症状が現れたら、それは蛇口の劣化が進んでいる証拠かもしれません。

できるだけ速やかに修理する必要があるでしょう。そのままにしておくと、水栓だけでなく周囲の水道設備や建材にまで、ダメージを拡大させることにつながります。このような水漏れ原因の多くがパーツ類の経年劣化か、接続部のボルトやナットのゆるみです。例えばシングルレバー混合水栓の吐水口やレバー周辺から水漏れする場合には、カートリッジが劣化が考えられます。

また水栓の台座や接続部から漏れ出すのは、パッキンの変形や摩耗あるいは破断などを推測すべきでしょう。いずれにしても修理では劣化したパーツを交換しなければなりません。まず作業前には水漏れの症状や部位をよく把握し、止水栓をしっかり閉めることも忘れないようにします。これを怠ると作業中に水があふれ出すこともあります。

水栓を分解したらよく清掃した上で、パーツを交換します。水垢や汚れが付着したままだと、腐食を進めることにもなります。最後は的確に組立をして、正常に水やお湯が出るか最終確認します。組立の手順を忘れないように、分解時点で画像を保存しておくのもよいでしょう。

もしここまでの工程をするのに自信がなければ無理せずに、プロの水道修理会社へ依頼してください。蛇口の水漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *