マンションのほとんどは部屋のなかに洗濯機置き場があって、そこに水道が引いてきてあって排水の設備も整えてあるというものでしょう。

もちろんベランダのあるようなところでは、この洗濯機置き場がベランダにあるため、洗濯ものをすぐ外に干せるので部屋干しの嫌な臭いを気にする必要はありません。部屋のなかに洗濯機置き場があれば、洗濯ものを抱えてベランダと部屋をうろうろする必要がないので、それなりの手軽さはあります。しかし、もし一度水漏れなどがあったなら部屋全体が水浸しになるという大トラブルに見舞われてしまいます。

実は、この被害が意外と多いことが報告されています。その原因となっているのは排水口のつまりです。つまり配水管に何かが詰まってしまったり、配水管がよじれてしまうことで水の通りが悪くなって水が逆流を起こして水漏れしてしまうというものです。配水管の中のつまりものとして気をつけなければならないのは、洗濯物そのものです。洗濯しようとして出したもののポケットに、ティッシュペーパーが入っていたというのは誰でも経験したことがあるかもしれません。

それに服の繊維なども少しずつ溜まっていくはず。さらに排水溝は部屋にむき出しになっているので、部屋の中のゴミやホコリも溜まってしまいます。それらによって排水がうまく行われなくなり、水漏れに通じてしまうということです。洗濯時の排水でいろんなものも流されていくというのは少し浅はかな考えであり、やはり定期的な掃除は欠かさないようにしなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *