トイレでは様々なトラブルが起こることがあります。

よくあるのが、異物を流すことによるつまりです。小さな子供のいるご家庭ではおもちゃを落としてしまい、そのまま流して流れなくなることもあります。一度入り込んだものは取れないのですが、目に見える部分なら対処できます。基本的にある程度の大きさのつまりを解消するにはラバーカップが便利であり、上手くいけば短時間で直すことが可能です。ラバーカップを一つ用意しておくと急なつまりにも慌てませんので、修理道具の一つとして用意しておきましょう。

水漏れでは、対処できるのはタンク内の水量調節する部分や管のところです。管部分はナットが緩んでいるケースも多々あるため、まずはナットを締め直して水漏れが解消されないかを確かめてみるのがお勧めです。修理用の工具ではモンキーレンチがあると非常に便利であり、水回りの様々な場所のナットを締められます。

他にネジを回すのに使うのは精密ドライバーであり、大きさの異なるものを数種類用意するとあらゆる場所の修理ができるようになります。自力で直すことが困難なケースとして、床からの水漏れが挙げられますが、なぜ自分で修理するのが難しいかというと床材を剥がして中を見なければならないからです。床材を剥がすだけでも非常に大変ですし、その下のどの部分にトラブルが発生しているのかを見極めるのも至難の業です。便器本体が割れている時も、修理業者への依頼が必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *