毎日料理をするキッチンでは、しばしば水漏れが発生します。

新しいうちは純粋な不具合かもしれませんが、古くなってくると経年劣化による故障はよくあることですので、その都度業者を呼んでいたらお金がかかります。簡単に直せる方法を覚えておくと、ちょっとした水漏れやつまりなら自分で対処できますので、主な原因と対処法について学びましょう。予防策としては、日頃から蛇口やその周りから水がポタポタと垂れるようなことはないかをチェックしたり、こまめに掃除をするのが効果的です。

水漏れの大半がパッキンの劣化によるトラブルです。パッキン自体は市販されていますので、交換するための手順さえ押さえられれば自分でも直せます。パッキンは蛇口の内部に入っているため、ナットを緩めて部品を取り外し、内部に入っている古い商品を取り外さなければなりません。どのようなタイプであっても少ないステップでできるため、知識が無くても無理なくできます。つまりでは、食材の切れ端や流してしまった油が関係しています。

日頃から排水溝の中を綺麗にしていれば発生しにくいですのが、万が一つまりが起きたらすぐに掃除をすることで修理可能です。また、油が排水管の方にまで入り込んで流れを悪くしている場合には、溶かすための洗剤を使うのがお勧めです。洗剤で溶かして多めのお湯で流すと、驚くほどスムーズに流れ始めます。使うのはぬるめのお湯とされていますが、それは油が溶けやすくなるためです。
水漏れつまりのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *