キッチンの流し台の水の流れが悪くなってきた場合、排水管や排水トラップがつまっている可能性があります。

食べ物の残りかすや油、洗剤などを流していくと、これらのものがつまりの原因となって水の流れを悪くしてしまいます。そのまま放置していると、水が逆流してきたり、雑菌などが発生して不衛生なので、できる限りつまりの原因を作らないこと、つまってきたらそれを取り除くことが大切です。つまりトラブルはすぐに専門会社に修理を依頼するのではなく、自分で改善できないか試してみることをおすすめします。

家にあるものを使って簡単に改善できることもあるからです。例えばタオルとお湯で詰まっているものを流す方法です。まず排水溝にある排水栓蓋やごみ受けかごを取りはずします。次に、排水溝にタオルを詰めて栓をします。その際、すべてを詰めてしまうのではなく、後で引き抜けるように端の部分は残しておきます。次に60度くらいのお湯をシンクの6~8割程度まで溜めます。

お湯が溜まったらタオルを引き抜いてお湯を一気に流すと、詰まったものが一緒に流れていきます。また重曹を使ってつまりトラブルを解消させる方法も有効です。重曹を排水溝にたっぷり注ぎ、60度くらいのお湯で流して1時間ほど放置します。その後、お湯で流していきます。一度で落とし切れない場合は、数回繰り返すと良いでしょう。全くトラブルが改善できないような場合は、専門会社に修理を依頼する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *