これまで問題なく、異音がすることもなかったトイレの水が突然流れなくなったらどうしますか。

このようなことは決して珍しいことではありません。トイレットペーパーや排泄物を一度に大量に流そうとすれば、水が流れなくなる可能性があります。全く水が流れなくなったり、流れにくくなるなどするでしょう。このようなつまりトラブルが起こっても、ぬるま湯を使うだけで改善できるかもしれません。便器が壊れないように五十度以下のぬるま湯を使います。ジョウロなどに入れて、詰まっている場所に向かって勢いよくぬるま湯を注ぎます。

すると、トイレットペーパーなどが水を含みやすくなりますし、小さくなって流れやすくなるでしょう。1回だけではつまりトラブルが改善されないこともあります。この場合は、水が流れるようになるまで同じことを数回繰り返してみてください。ポイントは、ぬるま湯を注いだら少し時間をおくことです。水を含ませて柔らかくして流れやすくするからです。

ぬるま湯だけで改善するなら、自分で対応することができるでしょう。トイレのつまりトラブル対策として、以上の方法を覚えておくと良いかもしれません。もちろん、トイレットペーパーなど流しても良いものとは言え、一度に大量に流さないように気をつける必要はあります。気をつけていてもこのようなことが発生する恐れがありますので、この方法は覚えておいてください。くれぐれもぬるま湯の温度に気をつけて行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *