トイレを使用後に流そうと思っても流れなくて水位が上がってくる光景を目の当たりにすると、多くの方は便器から水が溢れてしまうと思い焦ってしまいます。

もし便器から溢れてしまうと汚水で床を濡らすだけでなく、後片付けも大変な事から厄介なトラブルです。このつまりトラブルの原因は殆どの場合トイレットペーパーを大量に使用して流す事で、排水口や排水管の中で水の流れを塞いでしまいます。他にも水に溶けにくいティッシュペーパーを使用して流そうと思ったり、赤ちゃんの紙おむつを流せると勘違いして流す事も結構多い原因です。また、ネコなどペットのトイレ砂を流そうとしてつまらせてしまったり、ポケットに入れておいた携帯電話やメモ帳にペンなどを間違えて落としてしまう事もあります。

小さいお子さんがいるご家庭では、お子さんがイタズラで玩具を入れてしまう事もあるのですが、いずれの場合も無理に水を流してつまりを解消しようとするのは危険です。と言うのもトイレットペーパーは水に溶けやすいので、大量の水を流す事でつまりが解消する可能性もありますが、他の物の場合は無理に水で流そうとすると、余計に奥に入り込んでしまいトラブルを大きくしてしまいます。

こんなトイレのつまりトラブルは、ご家庭にラバーカップと言われる吸着ポンプがあれば比較的解消しやすいですが、やはり無理をせずに水回りの修理会社に相談した方が確実です。プロの修理会社なら便器に汚水が溜まっていても、しっかりと養生を行い飛び散らない様にして作業しますし、専門の工具や機器も揃えているので安全で迅速な修理をしてくれます。修理会社に電話する時は、ネットの口コミや比較サイトなどを参考にすると、優良な会社を見つけられてより安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *