トイレで起きてしまうトラブルには、頻繁につまりが起きる現象も少なくはありません。

大体のケースでトイレットペーパーなどの流し過ぎが原因とされているものですが、他の事例ではロータンク内に原因が見つかる可能性も否定できず、確認してみることで意外と簡単に直せる範囲の可能性はあります。古い時代に建てられている住宅では、節水型のトイレではなく沢山の水を消費するタイプを使い続けていることも珍しいことではありません。

この古い機種の場合は、節水を行うことを目的に、テレビ番組などでレンガをロータンク内に置いたり、水を満タンにしたペットボトルを入れる方法などが紹介された背景があり、このことがつまりのトラブルを引き起こしている場合はあります。

確かに節水することはできますが、トイレの設計上、旧型のタイプは汚物を流す際に最低限必要な水量に設定されています。そのため、レンガなどをタンク内に入れてしまうと、水量不足に陥ってしまい、結果的につまりのトラブルが頻発することは十分に考えられます。この状態で長年使用していると、排水口トラップやその奥側に汚物が蓄積されてしまい、綺麗に流すことができない環境を作り出していることは想定できます。

解決策は、修理専門店に依頼をすると一発解消してもらえますが、もしもレンガを置いている住宅では、タンクから取り出して本来の水量に戻す方法で直せる範囲が殆どです。同様にレバーと連結されているボールチェーンをたるませ過ぎている場合も流れる水量が少なくなるので、常に適切な設定が求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *