つまりトラブルが発生してしまった場合、場所や程度にもよりますが無機物をハッキリ落してつまりにしてしまった等の心当たりが無い場合は幾つか復旧の可能性がある方法も無いではありません。

例えば不要なハンガーを一本の針金にして、一直線にして伸ばし、排水溝に入れてつまりトラブルの原因になっている場所を探すという方法があります。場所がトイレかキッチンか等で針金の作り方に多少の差は出ますが、叩く事で剥がれ落ちて流れてくれる事で解決出来る場合も無いでは無いです。ただし、場所が奥の方だと針金が届かない事もありますし経年劣化で配管が弱っている中で、強引に叩き落そうとすると配管が壊れてしまい別口のトラブルになる事があります。

針金で手ごたえが無かったり、余りにゴツゴツする物を感じた場合は無理をせず専門会社を頼んで下さい。これに近い方法では、配管内に配管洗浄用の洗剤を何度か流し込んでみる策もあります。これは洗剤の種類によっては、使うタイミングがかなりしっかり明記されていて雑にやってしまうと有毒ガスが出て危険なケースもあるので、必ず説明書を熟読した上で行って下さい。ただ、上手く行けば、障害物を破壊出来ます。ちなみに、これで解決しなかった場合は工具が要る場合と手回しで外せる場合の2パターンありますが、流し台等のつまりでしたら、蛇口の下の排水管を外して中身を探ってみる事で障害物を撤去可能な事もあります。

無機物の類を落として嵌ってしまった様な時はこれで復旧出来る事も無いではありません。後はこれは最重要ポイントですが、仮に原因が無機物だったら、例えばトイレ等の場合は触るのが嫌だという事で無理矢理押し込まない事です。浅い部分から、深い部分に潜り込んでしまうと、簡易修理ではなく大修理が必要になり、出費も高額になりかねません。心当たりがある場合は、ラバーカップや殺菌剤等を用意した上で回収を試みる事を考える様にします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *