トイレ修理は、自分で対応できる部分とプロにお任せしたほうがいい部分とがあります。

簡単な排水つまりはラバーカップを使えば短時間で解消させることができるので、わざわざプロに頼んでしまうのは費用面でも時間をロスする意味でも、もったいないです。自分でやってみても流れが回復できない、逆流しあふれかえってくるという時だけ作業に来てもらいましょう。タンクへの給水管から水漏れしているときには、ナットが緩んでいないか確かめます。締め直して止まるようならそのまま使っても大丈夫です。

タンクからの水が便器内に流れ出て止まらないという場合も、原因はボールタップの劣化やクサリの破断が主ですから、交換すれば回復できる可能性が高いです。部品が市販されていなくてメーカーから取り寄せる必要がある時は、トイレ修理会社に依頼します。個人で取り寄せするよりも、トイレ修理会社が発注したほうが安い価格で仕入れられる可能性が高いので、作業代を入れても損をしない価格で問題解決ができるでしょう。

暖房便座や温水洗浄便座といったものは、配線や基盤などがダメになるとメーカーにしか対応できない場合が多いため、トイレ修理会社を経由してメーカーに直してもらったほうが時間のロスを防げます。十年近く使用して故障している場合には直すよりも買い替えしたほうがいい場合もありますので、プロの目で劣化具合を見てもらい、買い替えなくても大丈夫な状態か調べてもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *