レーザー脱毛でのヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛には光脱毛とレーザー脱毛があります。

その違いは使用する機器が異なり出力するパワーが違います。光脱毛は医療行為ではなくエステサロンなどで扱うことができ、永久脱毛ではないため暫くすると毛が生えてきます。

レーザー脱毛は医療機関でのみ使用できる機器を使用し、極めて高い出力のレーザーで毛根を完全に破壊する脱毛方法です。医療行為で永久脱毛が可能です。レーザー脱毛は毛の太さや濃さなどで違いがありますが、毛周期に合わせて施術します。毛周期は毛が生え変わる周期で8~12週間です。

1度施術をしてヒゲの数が減っても次の毛が生えるまでの期間も成長するため治療回数が必要になります。効果はできるだけ多くのヒゲが生え揃ってからヒゲ脱毛をすると1回の脱毛効果が高まります。

焦らず期間には余裕を持つことが大切で、ヒゲがなくなったと実感できる期間には1~2年は必要になります。ただし、レーザー脱毛は1回の施術では実感しにくいですが、2~3回目の施術で大きく毛量が減るため、3~6ヶ月程度の施術でヒゲの手入れの回数や時間は減ります。

レーザー脱毛でヒゲ脱毛すると解消することがいくつかあります。ヒゲが濃くてカミソリなどで剃って青くなることがありますが、ヒゲを綺麗に剃っても青く見えるのは肌の中にある毛の色が透けて見えるからです。

レーザー脱毛でヒゲ脱毛すると毛根から処理することができるため、青い色は消え綺麗な肌になります。また、カミソリを使ってヒゲを剃る場合、ヒゲだけではなく肌も削ってしまい肌を傷める原因となり、肌が黒ずむことがあります。レーザー脱毛後はその黒ずみも回復することが期待できます。

リンクス(RINX)についてならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *